MENU

水素水の優れた抗酸化作用が年齢肌の象徴「シミ・肝斑・くすみ」に効果的!

「水素水が美容に効果的!」という話は良く耳にするものの、具体的にどんな効果があるのか…疑問に思う人も多いと思います。

 

水素水は年齢肌の原因であるシミや肝斑、さらにはくすみにも効果的なんです。要するに美白効果が期待できます。

 

今回はそのメカニズムについて紹介していきます。

 

優れた抗酸化作用が美白を促す

シミや肝斑は肌に古いメラニンが残り続けている状態です。若いころは肌のターンオーバーが盛んなので、角質と一緒にメラニンも剥がれ落ちていきます。しかし年齢を重ねるにつれて肌のターンオーバーは低下し、メラニンが剥がれ落ちることなく肌に定着してしまいます。するとシミや肝斑、くすみ…といった年齢肌となって現れるようになります。

 

ではなぜ肌のターンオーバーは弱くなってしまうのか。それは活性酸素が大きく関係しています。

 

私たちは普段の生活の中で、紫外線や汚染された大気などによって肌に負担が掛かり続けています。すると活性酸素が発生し、肌表面のウイルスや雑菌を退治してくれます。

 

ここまでは良いのですが、過剰に発生した活性酸素は細胞を傷つけるようになります。その結果、ターンオーバーが低下してしまうというわけです。

 

活性酸素を除去すればターンオーバーは高まる!

水素水には優れた抗酸化作用があります。これが肌だけでなく、体内に生じた活性酸素を除去してくれます。

 

活性酸素は常に生成され続けていますが、定期的・継続的に水素水でリセットしてあげれば、細胞は傷つくことなくターンオーバーは低下しません。

 

その結果、メラニンを含んだ角質が自然と落ち、生まれたての透明感のある素肌を作り上げられるようになります。

 

もちろん肝斑にも!

肝斑とシミは混同されがちですが、本当にやっかいなのは肝斑です。

 

シミの主な理由は紫外線によるメラニンの生成、そして肌の代謝が衰えることで定着することにあります。

 

しかし肝斑は女性ホルモンの乱れによって引き起こされるシミです。実際に妊娠や出産、更年期を境に肝斑ができるようになった…という話は耳にしたことがあると思います。

 

普通のシミも簡単には改善できないものの、じっくりと時間をかけて取り組めば改善されるものです。しかし肝斑は本当に改善が難しく「難治性のシミ」とも言われているほど。

 

しかしホルモンバランスを改善すると同時に、肌の代謝を高めれば通常のシミと同じように薄くできると言われています。

 

水素水には女性ホルモンのバランスを整える効果が期待されているので、肝斑にも効くと考えられています。