MENU

水素水は温めると水素が逃げやすくなるため料理にはオススメできない!

「せっかくの水素水。ただ飲むだけじゃもったいない!」
「飲むだけだと500mlとかきつい…」

 

こういった理由から水素水を料理に使いたい!と考える方も多いです。もちろん料理の他にもコーヒー、紅茶、お茶などにも「使えたら良いのになぁ〜」と思うのも良く分かります。

 

水素水は料理に不向き?

もちろん水素水を料理に使うことはできます。しかし加熱すると水素が抜けやすい性質を持っているため、あまり推奨できません。

 

水素水を最高の状態で維持するためには、密閉して冷蔵温度で保存するのがベスト。常温ですらあまり推奨されていないレベルです。

 

また単純に開封した時点で水素がどんどん逃げてしまうため、加熱するにせよ、しないにせよ料理には不向きだと判断せざるを得ない…といったところでしょうか。

 

料理のクオリティを高める効果はある!

料理に水素水を使うと、水素が逃げてしまうため健康効果や美容効果は弱まってしまいますが料理のクオリティアップは期待できます。

 

野菜が元気に!

時間が経った野菜は元気がなくなってしまいますが、水素水に浸しておくとシャキシャキの鮮度を取り戻すと言われています。サラダなどにピッタリ!

 

お米がふっくら

炊飯するとき、水素水を使うことでふっくらと炊き上がります。特に古いお米が顕著!

 

味がしみやすくなる

煮物に水素水を使うと、食材に味がしみやすくなる…という意見も!

 

コーヒー、お茶がまろやかに

コーヒーやお茶、紅茶などを淹れるときに水素水を使うと味がまろやかになります。ただし渋めの味、苦味が好きな人には向いていないかもしれません。