MENU

水素水は保存の仕方で随分と変わる!ただの水になってしまわないためのノウハウ

最近では水素水への注目が高まり、日常生活の中から取り入れている方が増えてきました。スポーツジムでも水素水サーバーが設置されているところが増えているため、興味がある人も多いのでは。

 

水素水は一度にまとめて飲むよりも、1日の中で複数回に分けて飲むのが理想的だと言われています。そうなるとどうやって保存するかが鍵になりますね。

 

というのが、水素水に溶け込んでいる水素はとてもデリケートで、保存方法を間違えるとあっという間に抜けてしまいます。そうなるとただのミネラルウォーターに…。

 

水素水はペットボトル不可!

水を持ち運ぶことを考えると、ペットボトルほど優秀なアイテムはありません。軽くて持ちやすく、使い勝手は抜群!

 

しかし水素水にペットボトルは御法度なんです。というのが、水素の分子はペットボトル素材よりも小さいので、すり抜けてしまうんです!

 

なのでペットボトルで保存したり、持ち運んでいると、いざ飲もう!というときには水素が抜けきっている可能性が高いです。

 

アルミボトルはどう?

ペットボトルの次に持ち運びや保存に使いやすいアイテムとしてアルミボトルが挙げられます。アルミは金属の中でも軽量な部類に入りますし、優れた柔軟性もあってボトルに最適なんですね。

 

アルミボトルなら水素の分子が通り抜けることはほとんどないので、ペットボトルよりはずっと良いと思います。ただし、一度に飲みきれず、空気が入ってしまった状態で保存すると…水素が弱くなることがわかっています。

 

どうしても空気が入ると、そこに水素が抜け出してしまいますし、空気中の成分によって水素水が酸化…つまり持ち味である抗酸化作用が低下してしまうんですね。

 

1回で全部飲み切れるのなら、悪くない選択だと言えそうです。

 

アルミパウチが最適!

最後に紹介したいのがアルミパウチです。実際、ドラッグストアやスーパー、通販などで販売されている水素水はほとんどがアルミパウチに封入されていますよね。

 

アルミなら水素が抜けづらいのは上記した通りで、さらにパウチ内の空気を簡単に抜けるのが最大のポイントになります。要は脱気しやすいからオススメなんですね!

 

もちろん一度開封すれば、少なからず水素は抜けてしまいます。それでも他の容器と比べれば随分とマシ。

 

以前購入した水素水のアルミパウチを再利用しても良いですし、市販されているアルミパウチを保存容器として活用するのも良さそうですね。

 

ただ、洗いづらいので衛生面にはくれぐれも注意を!