MENU

水素水サーバーはパウチやペットボトルよりも手軽で簡単?

これまでは「水素水はアルミパウチやペットボトルの商品」のイメージが一般的でした。しかし最近では水素水サーバーと呼ばれるものが提供されています。

 

主にウォーターサーバー業者が提供していて、オプションとして水素を水に溶け込ませるための装置を家庭のウォーターサーバーに設置する、あるいは水素水サーバーと交換する…といった形で利用できます。

 

ドラッグストアや通販で販売されている水素水はそれなりの値段になりますし、水なので重さもそこそこに、持って帰るのが大変。しかし水素水サーバーを設置すれば、自宅でいつでも手軽に水素水が楽しめるようになります!

 

注いだらすぐ飲む!

水素水サーバーの仕組みは、ウォーターサーバーの水に電極を差して分解し(水は分解すると酸素+水素になる)、発生した水素をそのまま溶け込ませる…といったものになります。他にもサーバーによって独自の水素発生装置を導入していますが、概ね似たような構造です。

 

つまり水素水サーバーはいつでも出来立ての水素水が楽しめることになりますよね。

 

となると、出来上がった水素水は出来るだけ早く飲むに限ります!水素は簡単に抜けてしまうため、コップなどに注いだらすぐに飲んでしまいましょう。

 

できればそのままが良い

便利さゆえに水素水サーバーで作った水素水を料理やお茶、コーヒーなどに使っている人もいると思います。しかし水素水は温めるとより簡単に水素が抜けてしまうため注意しておきましょう。

 

「料理の味をもっと美味しくしたい」「まろやかな味のコーヒーやお茶を楽しみたい!」といった理由なら問題ありません。

 

しかし「水素の健康効果や美容効果を期待している!」という方は、コップに注いですぐに飲むのが正解です。