MENU

水素水は「いつ飲む」と決められているわけではないので好みでOK

健康や美容のためにも毎日の生活に取り入れたい水素水。水素水は医薬品ではないので、摂取量や摂取タイミングの縛りはありません。

 

とはいえ、ただなんとなく飲むのと、タイミングを合わせて飲むのとでは効果の見え方に違いが出てくるのも事実です。

 

そこで今回は水素水はいつ飲むべきなのか、効果的なタイミングについて考えてみたいと思います。

 

まずは水素水の役割を確認

「水素水をいつ飲むべきか」を考えるには、まず水素水を飲む理由から検討していくべきでしょう。

 

水素水が注目されている理由は優れた抗酸化作用にあります。これが体内で発生した悪玉活性酸素を除去し、色々なメリットをもたらしてくれるわけですね。

 

活性酸素が発生しやすいタイミングがベスト

となると、活性酸素が大量に発生しがちなタイミングで水素水を飲むのが理想的だと言えます。なお活性酸素が増えやすいのは次のようなケースです。

 

  • 運動やスポーツなど体を使うとき
  • ストレスを感じるとき
  • 紫外線を浴びたとき
  • 喫煙
  • 飲酒
  • 空気の悪い場所にいるとき
  • 睡眠不足

このように、ズラリと並んでいるところを見るといつ飲んでも効果的とも捉えられますね。逆に言えば、それだけ私たちは普段から活性酸素のリスクにさらされ続けているとも言えます。

 

1日1回飲むなら目覚めのタイミングで!

水素水は決して安いものではないので「1日1回しか飲まない」という方も多いはず。

 

それなら朝の目覚めのタイミングに飲むのが良いと思います。その理由は…

 

  • 寝ている間に失われた水分補給
  • 胃腸を目覚めさせる(お通じ改善など)
  • 活性酸素が発生し始めるタイミングだから

どちらかといえば、水分補給によるメリットが大きい印象があるかもしれませんね。プラスアルファで水素のメリットも享受する…くらいのニュアンスで良いと思います。

 

寝る前は避けたほうが良いかも?

いつ飲んでもOKな水素水ですが、寝る前に飲むなら量を考えた方が良いですね。どうしてもトイレが近くなって、夜中に目覚めるかもしれません。

 

もちろん夏場など寝汗を大量にかくことが予想されるなら、事前に飲むのも良いですが、あまり飲みすぎないようにしましょう。