MENU

水素水はアトピー性皮膚炎の症状に根本的なケアが期待できる

ここ数年で一気に認知度が高まり、注目を集めるようになった水素水。私たちに様々な効果をもたらしてくれることは広く知られています。

 

最近ではアトピーに対しても有用なのではないか、との見方が強まっていて、民間療法の域を出ないものの、多くの人が効果を実感しています。

 

アトピーケアの新スタンダードに?

水素水を使ったアトピーケアは、決して直接的なものではありません。薬とは違った効果をもたらします。

 

アトピーが起こる原因は、免疫機能が過剰に反応することで炎症が起こったり、かゆみが起こるからです。そしてアトピー状態は非常に多くの活性酸素が発生することになります。

 

この活性酸素は、体内に侵入したウイルスや雑菌などを退治するために生成されているのですが、アトピーは過剰に活性酸素が発生するため正常な細胞や必要な細菌まで攻撃。その結果、炎症が悪化してしまいます。

 

そこで過剰な免疫反応、そして炎症を抑えるのに水素水の活性酸素除去効果が有効だというわけです。

 

他の治療と組み合わせられる!

アトピー治療はステロイド、消炎鎮痛剤を用いるのが一般的です。これらは即効性があり、症状が緩和されます。

 

しかし副作用のリスクが大きく、長期的に使用するとどうしても負担が大きいのがネックです。

 

一方で水素水は副作用のリスクは基本的にはありません。あくまでも「水素が溶け込んだ水」なので、活性酸素を除去したあとは普通の水になります。

 

このように、水素水は副作用のリスクが無いのでステロイドなどの薬物療法と組み合わせやすいというメリットがあります。