MENU

がんの原因のひとつである活性酸素を除去する水素水に注目が集まる!

がんは1976年以降、日本人の死因第1位です。今は年間約30万人ががんが原因で亡くなっています。もちろんがん治療は進歩しているのですが、それでもなお…という部分はあります。

 

そこで今注目されているのが水素水です。多くの研究がされていて、水素水にはがんの転移を抑える、発症リスクを下げる研究結果が出ています。

 

そもそもがんとは?

がんは正常な細胞が癌化し、それが増殖する病気です。一度発症すると、次々と癌化が広がっていく上に、治療が難しいこともあって死亡率は以前高いまま。

 

現在の研究では、ミトコンドリアが癌化に深く関わっていることが分かっています。ミトコンドリアは細胞内に存在する、エネルギーを生産する役目をもっています。ミトコンドリアがなければ、私たちはエネルギーを有効活用することはできません。

 

ミトコンドリアがエネルギーを産出する過程で大量の活性酸素を発生させ、これが細胞内のDNAに悪影響を及ぼし、癌化するのではないか…という研究結果が出ています。

 

水素水の抗酸化作用が有効?

水素水は細胞だけでなく、ミトコンドリアそのものにも抗酸化作用を与えてくれます。その結果、ミトコンドリアが発する活性酸素を除去し、癌化を防ぐ、あるいは転化を予防できる、と医療の分野で期待されています。

 

水素水は他のがん治療と組み合わせやすい!

水素水には副作用のリスクがありません。なので、他のがん治療と組み合わせやすく、この点が特に大きいと言われています。

 

もちろんがんの予防にも有効だと考えられますし、既にがん治療を行っていて、水素水療法を試したいと考えるなら主治医に相談してみましょう。