MENU

生活習慣病のひとつ動脈硬化はコレステロールが酸化することで起こる!水素水で対策を!

生活習慣病にもいろいろなものがありますが、死に直結しやすいのは「動脈硬化」です。名前のとおり動脈が硬くなり、血液の循環機能が著しく低下。これによって高血圧や脳梗塞、脳溢血、心筋梗塞などの病気を引き起こしてしまいます。

 

動脈硬化のメカニズムは判明していて、コレステロールが酸化することが最も大きな要因だとされています。

 

動脈硬化のプロセス

細かい説明は省いて、簡単に説明すると…

 

  • 食生活の偏りや食べ過ぎ、運動不足でコレステロールが増える
  • コレステロールが血管壁面に張り付く
  • 張り付いたコレステロールが酸化
  • 血管内にコレステロールが次々と蓄積し血管を詰まらせる
  • 次第に血管が硬く、もろくなる

もちろんコレステロールが増えすぎるような食生活を送っていることも問題なのですが、コレステロールが酸化しやすい体質になっていることも問題視されています。その原因となっているのが活性酸素です。

 

活性酸素は問題児?

活性酸素はただ呼吸しているだけで発生しますが、ストレスや寝不足、偏った食生活によって一気に増大してしまいます。

 

コレステロールを強力に酸化させてしまうだけでなく、肌を老化させたり、内臓機能を低下させたりとデメリットが圧倒的に多いです。

 

水素水の効果に期待が寄せられる!

そこで注目されるようになったのが水素水です。体内の悪玉活性酸素を除去する作用を持っていて、健康・美容・医療の分野から大きな注目を集めています。

 

何度も紹介したとおり、コレステロールが酸化するのは活性酸素によるものです。水素水を日常生活に取り入れることで、これを回避・改善させられると言われています。

 

水素水によって血液の流れがスムーズになれば、次第に血管の硬さも改善されると予想されていて、コレステロールだけに限らず、生活習慣病全般に効果的だと期待されています。