MENU

日本人を悩ませる生活習慣病のひとつ糖尿病は水素水で対策できる

現代人を悩ませる生活習慣病。その中でも糖尿病は特に申告です。厚生労働省の調査では、糖尿病の疑いがある人は950万人、そして予備軍が1100万人になる…ということです。

 

糖尿病になってしまうと、様々な疾病リスクが跳ね上がるだけでなく食事制限など日常生活にも多くの制限がかかることになります。

 

水素水が糖尿病に効果的な理由

糖尿病はインスリンというホルモンの分泌量が低下する、あるいは働きが弱くなることで発症します。

 

インスリンは血中の糖を取り込み、これをエネルギーとして燃焼させることを役割としていますが、インスリンが不十分になれば、血糖値がいつまでも下がりません。いわゆる高血糖状態が続いてしまいます。

 

高血糖状態は血管に大きなダメージを与えてしまいます。また血液の流れそのものも悪くなります。これが積み重なっていくと失明や人工透析などにつながってしまうわけです。

 

インスリンを作り出しているのは膵臓。細かく言えば、膵臓のβ細胞になります。このβ細胞は酸化ストレスにとても弱く、活性酸素が大敵です。

 

だからこそ、水素水が効果的だと言われています。水素水の持つ活性酸素除去作用がβ細胞の機能低下を防ぎ、改善させられると期待されています。

 

糖尿病治療も変わりつつある

従来の糖尿病治療は、食事制限をメインとした血糖値コントロール、そしてインスリン注射でインスリンを補うのが主流でした。

 

しかし最近は膵臓のβ細胞への負担を減らす、あるいは機能を高める治療法にシフトしつつあります。そう考えると、水素水が糖尿病に効果的だと注目されるのも納得ですよね。

 

水素水は副作用のリスクが無いため、従来の糖尿病治療と並行して取り入れられます。とはいえ「水素水を飲んでいるから糖尿病にはならない!」とは言い難いです。あくまでも生活習慣をただした上で、取り入れるのが正解。