MENU

医療現場からも支持されるほどの健康効果を持つ水素水とは?

ここ数年で飛躍的に注目されるようになった水素水。やはり一番の理由はその優れた健康効果にあります。

 

なんとなく水素水が健康に良い!という話を聞いたことがある人でも、具体的にどういった効果があるのか、まで把握するのは大変ですよね。

 

そこでここでは水素水が持つ健康効果をまとめました。

 

生活習慣病対策

不規則な生活習慣や食生活によって引き起こされる生活習慣病。これらのうちほとんどが血液に関係していると言われています。

 

生活習慣の悪さが血液の質を下げ、そこから様々な病気を引き起こしているわけですね。

 

糖尿病

糖尿病はインスリンの働きが弱くなる、あるいは分泌量が低下することで引き起こされる生活習慣病です。インスリンがないと食事から摂取した栄養をエネルギーとして燃焼させられません。その結果、血液中に多くの糖が残り続けてしまいます。

 

糖が多い血液は血管を傷つけたり、流れをせき止めてしまいます。そこから腎臓機能の低下や失明、血管系疾病を引き起こす怖い病気です。

 

インスリンを作っているのは膵臓なのですが、膵臓は酸化ストレス…つまり活性酸素に弱いことが分かっています。これを水素水の抗酸化作用でクリアにしてあげることでインスリンの分泌を正常化させられる、というわけですね。

 

血圧を正常化させる

同じく生活習慣病のひとつである高血圧にも良いと言われています。

 

高血圧の原因は、血管が硬く、狭くなること。柔軟性が損なわれた血管は血液の流れが悪くなり、どうしても血圧が高くなってしまいます。

 

水素水は血液をサラサラにする効果があるので流れをスムーズにできますし、血管の状態も高めてくれます。そのため、血圧を正常化させる働きが期待できます。

 

アレルギー関連

現代人はアレルギー体質が多いと言われています。アレルギーとは免疫力が過剰に働きすぎている状態で、本来ならウイルスや雑菌を倒すための免疫機能が暴走して細胞にもダメージを与えている状態になります。

 

例えばアトピーや喘息、花粉症などが代表的です。

 

実はアレルギーが強く出てしまうのは、活性酸素が過剰に発生するのも要因だと言われています。活性酸素が外敵を退治するのですが、この活性酸素を倒すために活性酸素が生成される…という悪いループに陥ってしまいます。

 

そこで水素水で過剰に発生した活性酸素を取り除いてあげることで、アレルギー症状を軽減・改善させられるというわけです。

 

がん対策

日本人の死因トップが「がん」です。年間30万人以上ががんによって亡くなっています。

 

がんのメカニズムはDNA癌化することにあります。その原因のひとつが活性酸素。活性酸素がDNAを傷つけ、癌化させることが分かっています。

 

なので、日頃から水素水で活性酸素を取り除いてあげることでDNAが傷つくのを防ぎ、がん対策になると考えられています。実際に医療の現場でも水素水の持つがん対策効果が認められているほどです。