MENU

水素水の抗酸化作用が肝臓の働きを助けて二日酔いを予防してくれる

お酒を飲み過ぎると翌日怖いのが二日酔いですよね。頭痛や吐き気やだるさや…翌日が休みならまだしも、仕事だと余計おっくうになってしまいます。

 

そこで今、お酒が大好きな人たちの間で話題になっているのが水素水が二日酔いに効くというもの。どうして水素水を飲むことで二日酔い対策になるのでしょうか。

 

まずは二日酔いのメカニズム

そもそもどうして二日酔いが起こるのか、と言えばアルコールの分解が間に合っていない、アルコールを分解した際に生まれるアセトアルデヒドが処理しきれていないからです。

 

アルコールは肝臓で分解していますが、個人差はあるものの肝臓が一度に処理できる量は限りがあります。これは体感的にもなんとなく分かるのではないでしょうか。

 

水素水が肝臓をサポートする!

アルコールを分解するために、肝臓がフル稼働すれば当然活性酸素が生成されてしまいます。この活性酸素は老化やだるさなどの原因にもなり、さらに肝臓の機能を低下させる恐れも。

 

しかし水素水はこの活性酸素を除去する効果…抗酸化作用が非常に強力です。つまり、肝臓がアルコールやアセトアルデヒドを無害化するサポートをしてくれるわけですね。

 

これによってより効率よくアルコールが分解できるようになった肝臓は次々と処理していき、二日酔いを予防できる、というわけです。

 

「水素水を飲んだからいくらでもお酒を飲んで大丈夫!」というわけではないので、やはりほどほどに控えておくに越したことはありません。