MENU

水素水の持つ優れた抗酸化作用が肝臓の解毒をサポートする

私たち現代人が一際酷使している内臓が肝臓です。肝臓は本当に働き者で、次のような役割を担っています。

 

  • 毒素や老廃物の解毒
  • エネルギーの代謝
  • 胆汁(消化液)の生成

いずれもなくてはならない機能ばかりですよね。ではどうして現代人が肝臓に負担をかけているのかと言えば、解毒の割合を大きくしてしまうからです。

 

肝臓は常にフル稼働?

例えば毎日お酒を飲む人。アルコールは肝臓が無毒化しなければ、人体に有毒です。飲み過ぎると体調を崩してしまいますよね。その他にも喫煙や食品添加物、農薬、大気汚染などなど様々なリスクと戦っているのが肝臓なんです。

 

肝臓がフル稼働な状態になると、今度はエネルギー代謝が低下したり、胆汁の生成が追いつかなくなるようになります。すると疲れがなかなか取れなかったり、最悪の場合だと肝硬変のリスクも!

 

水素水が解毒をサポート!

水素水が注目されるようになったのは優れた抗酸化作用を持っているためです。これは体内に発生する活性酸素を除去する作用。

 

活性酸素は多少は必要(ウイルスなどを退治する)なのですが、体に負担をかける「悪玉活性酸素」は不必要です。そして水素水は悪玉活性酸素だけを除去してくれます。

 

普段は肝臓が処理している活性酸素を、水素の力で無毒化してあげれば、その分だけ肝臓に余裕が生まれ、機能が高まる!というわけですね。

 

特に大事にしたい臓器だからこそ、水素水でしっかりとサポートしてあげたいところです。