MENU

水素水は副作用のリスクがないのでデメリットらしいデメリットはないことが強み

水素水を続けるにあたって、デメリットがあるのか気になるところだと思います。といっても、水素や水自体に副作用があるわけではないので「体調を崩す」といったデメリットは基本的に気にする必要はありません。

 

そうなると、気にするべきデメリットとしては

 

  • 続けるためのコスパ
  • 水素の保持力

に絞られてきそうです。そこで今回は、代表的な水素水のタイプ別デメリットについて考えてみたいと思います。

 

水素水スティック

スーパーやドラッグストア、通販で手軽に購入でき、使い方も簡単!ということでメジャーな水素水のひとつですね。容器に水を入れ、スティックを浸けておくだけで簡単に水素水が作れます。

 

コスパ

商品にもよりますが、コスパは悪くない部類に含まれます。

 

水素の保持力

水素はとても小さな分子で、ペットボトル素材すら通り抜けます。そのため、作ったそばから抜けると考えるべきです。そうなると、保持力はあまり期待できません。

 

アルミパウチ

スティックと同様、手軽に購入できるのは大きな強みです。持ち運びも簡単なので、学校や職場、外出先でも水素水が飲めます。普段からの飲み水として使いやすいですね。

 

コスパ

コスパはあまりよくありません。まとめ買いをすれば多少マシになるかも?というレベル。数ヶ月、数年単位で続けようと思ったら他の水素水タイプを選んだ方が良いかもしれません。「まずはお試しで!」という方にはピッタリ!

 

水素の保持力

水素が抜けづらいアルミパウチに封入することで、開封するその瞬間までほとんど水素が抜けません。ただし一度開封したら、すぐに飲みきる必要があります。

 

水素水サーバー

ウォーターサーバーに水素水発生装置を追加したものです。普段のウォーターサーバーの水が水素水に早変わり!自宅でもオフィスでも手軽に気軽に水素水が楽しめます。

 

コスパ

おそらくトップクラスのコスパの良さを発揮してくれます。利用するウォーターサーバー業者にもよりますが、長く続けることを考えると悪くない選択です。ただし「合わないから辞めたい」と思っても、契約期間の縛りが入って解約手数料が発生する可能性も。よく考えて契約したいところです。

 

水素の保持力

水素水を貯水するタンクがあり、出来たての水素水がいつでも楽しめます。しかしコップに注いだらすぐに抜けてしまうため、出したら飲みきる必要があります。持ち運びには適していません。

関連ページ

水素水は詐欺?