MENU

水素水の詐欺商品も増えているので信頼できるものを探そう!

水素水は色々なメーカーから様々な商品が販売されています。そして厄介なことに見た目はどれも水です。そのため、パッと見ただけでは判断がつきづらく「詐欺なんじゃないの?」と思わせる怪しい商品が出回っているのも事実。

 

そこで今回は水素水の選び方、詐欺商品にひっかからないためのポイントを紹介していきます。

 

アルミパウチを選ぶ

現在販売されている水素水のタイプは大きく分けると「ペットボトル」「アルミパウチ」の2種類となります。また「水道水に混ぜるだけ」「サプリメント」も販売されていますよね。

 

水素は私たちが思っている以上に小さい分子です。そのため、ペットボトル素材だと水素だけ抜けることがあります。なんとペットボトル素材の分子よりも水素の方が小さいんですね。

 

もちろん水素は水に溶け込んでいる状態なので、そうそう抜けるわけでも無いのですが、アルミパウチなら開封しない限り水素が抜けないのでこちらを選ぶのが正解と言えそうです。

 

濃度データを確認!

一口に「水素水」といっても、商品ごとに含有量が大きく異なります。まず最初に確認するべきは水素濃度データを開示しているかです。

 

目安は0.8〜1.0ppm以上の水素濃度。なお1ppm=0.0001%です。

 

研究によると、水素濃度が高いからといって特別に効果が上がるわけでもない様子。なのでこの範囲内の水素水を選ぶのが良さそうですね。

 

余談ですが、水素濃度を手軽に測る試薬も販売されているので、初めての商品を試すときには計測してみても面白いかもしれません。

 

信頼できるメーカー選び

詐欺かどうか…は結局のところメーカーの信頼が大きいと思います。いわゆる「老舗」の水素水メーカーなら基本的には安心して良いのではないでしょうか。またネットのクチコミで評価の高い商品も比較的安心して飲めると思います。

 

もしも詐欺商品だったら、ネットですぐに拡散されるでしょうし、店頭にも並ばなくなります。