MENU

水素水サーバーはコスパが良いけれど持ち運びができない一方でパウチ型はコスパはイマイチだけれどいつでもどこでも飲める

現段階で水素水を飲むなら、水素水サーバーかパウチ型のどちらかを選ぶのが一般的になっています。となると「どっちを選ぶのが良いのか」が悩ましいポイントですね。

 

そこで今回は目的とコストパフォーマンスで考える、水素水サーバーとパウチ型水素水について紹介していきます。

 

コスパは断然水素水サーバー

コストパフォーマンスの面で考えてみると水素水サーバーの方が優れているのは間違いありません。

 

水素水サーバーを購入するか、レンタルするのかで変わってきますが、3〜4年以上継続して使い続けるなら購入した方がお得になりやすいようです。

 

水素水サーバーを購入する場合

水素水サーバー本体の値段は商品によって大きく異なり、少容量のものなら2万円台から購入できます。水道直結型など高性能なものは10万円以上するものも。

 

商品によって定期的にカートリッジを交換しなくてはならないものもあり、半年〜1年に1回、大体3000円〜5000円くらいのランニングコストがかかります。カートリッジが無いタイプ(本体さえ購入すればあとはコストがかからない)ならランニングコストは水道代と電気代だけ、ということになりますね。

 

レンタルする場合

レンタルだと業者から水を購入するシステムになっていることがほとんどで、サーバーレンタル料込みで月額3000円〜1万円程度とバラつきがあります。

 

安いレンタル水素水サーバーは天然水やミネラルウォーターではなく、RO水(水道水をろ過して不純物が取り除かれた軟水)が用いられていることが多いようです。

 

もちろん水素水サーバー本体だけをレンタルしている業者もあります。

 

パウチ型の場合

パウチ型は商品によって価格に大きなばらつきがあります。1本100円程度から気軽に買えるものもあれば、1本あたり500円ほどするものも!

 

定期購入コースなどで1本あたりの単価を下げて続けるにしても月額3000円〜2万円くらいのコストが予想されます。

 

目的別で考える

次に水素水サーバーとパウチ型水素水の目的・使い方を考えてみましょう。

 

水素水サーバーの使い方

自宅やオフィスなどで、量を気にせずにたくさん飲める、長く継続しやすいのが最大の特徴になります。

 

ただ一方で、持ち運びができないのがネックに。もちろん水素水用のボトルや持ち運び用のパウチを購入することで解決できることもあります。

 

パウチ型水素水の使い方

いつでも飲める、好きなところで飲めるのが最大の特徴です。

 

ほとんどの商品が200mlくらいの容量になっているので持ち運びに便利。自宅で飲むのも、職場に持っていくのにも使い勝手が良いですね。

 

また「水素水が気になるからまずはお試しで」という方に、1本から買い切りできるパウチ型がオススメです。

 

結論

ということで今回は水素水サーバーが良いのか、パウチ型水素水の方が良いのか…を考察しました。

 

結論はコスパを優先するなら水素水サーバー、使い勝手(携帯性)を重視するならパウチ型となりそうです。

 

もちろん自宅では水素水サーバー、外出先ではパウチ型、といった風に使い分けるのもオススメ!