MENU

水素水サーバーにもいろいろな種類がある!選び方を間違えないように慎重に!

水素水サーバーにはいくつかの種類があります。具体的には以下の3種類になります。

 

  • 水道直結型
  • 給水型
  • ハンディー型

「どれも水素水サーバーなんだから同じでしょう?」と思うかもしれませんが、使い方から特徴まで随分と異なります。それだけに、ライフスタイルに合わせた選び方を意識したいところです。

 

水素水サーバーの種類別ポイント

それではそれぞれの水素水サーバーのポイント、特徴、どんな人に向いているのかを紹介していきます。

 

水道直結型

こちらは水道の蛇口に水素水サーバーを取り付けるタイプになります。イメージとしては「蛇口をひねるとすぐ水素水!」でOKだと思います。

 

流水をすぐに水素水に変換させるだけのハイスペックなサーバーになるため、値段は高いものの、性能は最上級です。

 

こんな人にオススメ

毎日の飲料水としても使いやすいですし「朝の洗顔に使っている」という方もたくさんいます。また、家族で水素水サーバーを使うと「生成するまでの待ち時間が嫌だ」という意見もありますが、水道直結型の製品はほとんどが待ち時間を気にせずに水素水が楽しめます。

 

注意点

ネックとなるのは「初期費用」と「工事が必要な商品が多い」ことでしょうか。いずれも商品によるのですが、初期費用は大体10万円以上は覚悟しなくてはならないかもしれません。最近は工事不要の水道直結型サーバーもあるので、賃貸マンションなどに住んでいる方はそういったものを探してみてはいかがでしょうか。

 

給水型

該当する水素水サーバーが多いので、以下の条件に合うものを給水型とします。

 

  • ウォーターサーバー
  • 基本的に電源が必要

こちらは水の入ったボトルを設置する、あるいは自分でタンクに給水する形になります。

 

製品にもよりますが、水素水を生成する時間は気にしなくても大丈夫だと思います。ほぼリアルタイムで水素水が飲めるようになっているものが多いです。

 

こんな人にオススメ

電源さえ確保できればどこにでも設置できるので、キッチンやリビング、寝室などに置けます。ほとんどの方はキッチンかリビングに設置しているようですね。

 

また原則工事不要なので手軽に導入できるのもポイント。容量も大きめなものが多く、家族みんなで水素水が楽しめます。

 

他にも、ウォーターサーバー業者からレンタルされているので、初期費用を抑えたい人は検討してみても良いかもしれません。すでにウォーターサーバーの契約をしているなら、サーバーを水素水に対応しているものと交換してくれる業者がほとんど。一度スタッフに確認してみてはいかがでしょうか。

 

注意点

初期費用がそこそこで、気軽に導入しやすい本格的な水素水サーバーということもあり、絶大な人気を誇ります。

 

ただし3年〜4年以上の長期にわたってレンタルし続けるよりは購入した方がお得になりやすいことを覚えておきましょう。

 

ある程度まとまった予算があり、長く続けたいと思うなら、最初から給水型の水素水サーバーを購入したほうが良いかもしれません。

 

ハンディータイプ

定義は電源不要で使える水素水サーバーとします。

 

最大の特徴は使う場所を選ばないことです。バッテリーを内臓していたり、電源を使わないタイプの商品があるなど、商品の選択肢が多いのもポイントとなります。

 

商品によってスペックが大きく異なり、水素濃度が高いものや、生成スピードが早いものはどうしても本体価格が高くなりがち。このあたりはしっかりと商品の比較・検討をするべきですね。

 

こんな人にオススメ

「好きな場所で好きな時に水素水が飲みたい!」「自分がこだわっているミネラルウォーターを水素水にしたい!」といった方にピッタリ。

 

特にバッテリー駆動のハンディータイプは、自宅で充電しておくことで外出先でも手軽に水素水が作れます。水は水道水でも良いですし、自販機やコンビニでミネラルウォーターを買ってくればOKですよね。

 

また一人暮らしなどで「たくさんは飲まないけれど、パウチやボトルだと少なく感じる」といった人にもオススメです。

 

注意点

まず注意したいのが商品によっては話にならない物があることです。水素濃度が極端に少なかったり、水素水サーバーにも関わらず、生成できるまで数十時間もかかるようだと考えもの。

 

また初期費用は安くてもランニングコストが高い商品が多い傾向にあるのも注意しておいてください。