MENU

使い勝手の幅が広く、一番手軽に始められるハンディータイプ水素水サーバー

水素水サーバーが気になるけれど、設置スペースも無いし、初期費用もできるだけ抑えたい…。そんな方にピッタリなのがハンディータイプの水素水サーバーです。名前のとおり、持ち運びに便利で使うシーンを選びません。

 

今回はハンディータイプ水素水サーバーの特徴やメリット、デメリット、そして口コミを紹介していきます。

 

特徴

商品にもよりますが、電源さえあればあとはどこでも自由に水素水が作れる!それが水素水サーバーハンディータイプの特徴です。

 

イメージとしては、給水タイプの水素水サーバーをより小型化し、取り回しを良くした感覚でOKだと思います。

 

食卓に置いても良いですし、寝室でも良いですね。電源不要タイプのハンディータイプなら、お風呂でもフレッシュな水素水が楽しめます。

 

メリット

最大のメリットはやはりどこでも水素水が楽しめることです。小型のものなら、オフィスに自分用の水素水サーバーとして置いておくのも良いですね。アウトドアに持っていくのもアリかもしれませんよ!

 

また基本的に自分で給水することになるので飲み水を選べるのもメリットだと思います。例えば、ダイエット中の方なら硬水のミネラルウォーターで水素水を作る!といった使い方もできます。

 

デメリット

取り回しの良さや、初期費用が他の水素水サーバーよりも安いことが魅力ですが、ハンディータイプならではのデメリットがあります。

 

それは水素水が出来上がるまで時間がかかることです。もちろん商品によっては数分で完成するものもあります。しかし水道直結タイプや給水独立タイプと比べると性能は若干落ちます。

 

とはいえ、水素濃度が低いわけではないので、余裕を持って前もって水素水を作っておけば問題無いと思います。

 

口コミ

最後に水素水サーバーハンディータイプの口コミをいくつか紹介して終わりたいと思います。

 

一人暮らしにちょうど良い!

現在単身赴任中で、ワンルームの狭い部屋に住んでいます。マイホームには水素水サーバーがあったのに、赴任先には無いので不便に感じていました。そこで自分一人用と割り切ってハンディータイプを購入。これが良い感じです。いつもテーブルの上に出しっぱなしにしているのですが、長距離をドライブするときは車に載せています。運転しながら水素水でリラックスできて良い感じです。(40代男性)

 

コスパがすごく良い!

水素水サーバーが欲しいけれど、高いし、そもそも置く場所が無いし…で結局スティックの水素水を使っていました。けれど「ハンディータイプが良いよ!」という口コミを見つけて衝動買い。本当に便利ですね!一回購入すればたまにカートリッジを変えるだけで良いので水素水にかかるお金がグッと減りました。長く愛用したいです。(30代女性)