MENU

アキュエラ・ブルーは特許取得の電解技術により世界初の中性で1.6ppmの飽和水素水が自宅で簡単に楽しめる!

アキュエラ・ブルー

↑↑画像をクリックするとアキュエラ・ブルー の公式サイトへ飛びます!↑↑

 

「水素水サーバを自宅に設置したは良いものの、水素水が出来上がるまでの待ち時間が長くて気になる…」という意見をよく耳にします。そういった方にこそぜひ試して欲しいのがアキュエラ・ブルーです。国際特許を取得した技術を駆使することによってたったの5分で水素水が作れる水素水サーバとなっています。

 

アキュエラ・ブルーのオススメポイント

それではアキュエラ・ブルーのオススメポイントをピックアップして紹介していきたいと思います。どの水素水サーバーが良いのか悩んでいる人は参考にしてみてください。

 

たったの5分で1.6ppmの水素水が作れる!

上でも軽く触れた通り、アキュエラ・ブルーはたったの5分で水素水が作れます。

 

従来の電気分解式水素サーバは水素量・pH値をコントロールすることができませんでした。無理に水素濃度を高くすると、アルカリ性の水素水が出来上がってしまうため、毎日飲み続けるのが難しくなってしまいます。

 

そこでアキュエラ・ブルーは特許電解技術を開発・作用することによってたったの5分で中性の1.6ppmの水素水が作れるようになっています。

 

使う水は自由に選べる!

アキュエラ・ブルーは市販されている清涼飲料水やミネラルウォーター、浄水器の水など自由に水を選ぶことができます。

 

例えば健康のためにミネラルたっぷりの天然水を飲んでいる方は、それを使ってアキュエラ・ブルーでミネラルたっぷりの水素水を作り上げることもできるわけです。

 

こういった自由度の広さもアキュエラ・ブルーが高く支持されている理由のひとつだと言えそうです。

 

ランニングコストは不要!

一般的な水素水サーバを定期的にカートリッジを交換しなくてはならず、初期投資がかかる上にある程度のランニングコストも覚悟しなくてはなりません。

 

しかしアキュエラ・ブルーはカートリッジなどの消耗品を一切使用していないためランニングコストを心配することなく好きなだけ水素水が飲めるようになっています。

 

気になるお値段は?

アキュエラ・ブルーを販売しているショップはいくつかあるため、各お店によって値段が若干前後します。

 

だいたい30万円前後に設定されていることが多いため、それくらいを目安に考えておくと良いのではないでしょうか。

 

アキュエラ・ブルー の公式サイトはこちら