MENU

ペットボトル型水素水は賛否両論?すごい仕組み満載の商品も!

飲料といえばペットボトルのイメージが強いですが、水素水においてはかなり特殊な部類に入ります。

 

そこで今回はペットボトル型水素水の特徴や効果、メリット、デメリット、そして口コミを紹介していきます。

 

特徴

水素の分子はペットボトル素材よりも細かいので抜けてしまうと言われています。つまり、ペットボトル型水素水は水素が抜けきっている可能性が高いわけです。

 

もちろんメーカー側もそれは承知の上なのでいろいろな工夫が取り入れられた製品を提供しています。

 

例えば、キャップをひねると水素が発生するものや、スティックを最初から封入しておいて、次々に水素を作り出すことでペットボトルから抜けても濃度を高く保つ…といった商品が挙げられます。

 

逆に言えばこういった特別な工夫が無いペットボトル型水素水は選ぶべきではないかもしれません。

 

効果

全体的な傾向で見てみれば、どちらかと言えば出来立ての新鮮な水素水が飲める商品が多い傾向にあるようです。それだけに、水素濃度が安定していると予想できるため、効果は悪くないと思います。

 

メリット

やはり持ち運びに適した携帯性の高さが大きなメリットとなってくれるでしょう。自分でわざわざ作る手間もかけなくて良い商品が多いですし、味やミネラルなどにこだわった商品も多いようです。

 

デメリット

どうしても避けられないデメリットは水素が抜けてしまっている商品があることです。上記したとおり、ペットボトル素材は水素が抜けてしまうので、特別な工夫がない商品には手を出さない方が賢明だと思います。

 

口コミ

最後にペットボトル型水素水の口コミをいくつか紹介して終わりたいと思います。

 

スポーツのお供に!

水素が次々と精製されるタイプのペットボトル型水素水を愛用しています。趣味でランニングをしているので、ペットボトル型水素水は本当に重宝しています。

 

もちろん職場に持っていくのにも良いですね!飲み終わってからが軽いことがペットボトル型の強みだと思います。(30代男性)

 

ミネラルウォーターで健康に

せっかく飲むなら水素だけでなくミネラルも!と思っていろいろな商品を探しましたが、持ち運びしやすいことも考慮するとペットボトル型水素水に落ち着いています。(50代女性)