MENU

水素水が安くて手軽に楽しめる!外出先にも持って行きやすいスティックタイプ

「手軽に水素水が楽しめて、外出先にも持っていける」メリットが大きい、水素水入門向けのアイテムが水素水スティックです。

 

今回は水素水スティックの特徴や効果、メリット、デメリット、そして口コミを紹介していきます。

 

特徴

水素水スティックはとても簡単に水素水を作ることができるアイテムです。ペットボトルにスティックを入れ、あとは水道水やミネラルウォーターを入れて待つだけ!とても簡単です。

 

商品によっては水素濃度に不安があるものの、ほとんどの商品は十分な水素量を生成できるので選び方さえ間違えなければ大丈夫です。

 

効果

作り置きが基本できない、という面があるので、出来立てをすぐに飲まなくてはなりません。しかしこれは考え方を変えれば、効果の高い濃度の高い水素水が飲めることになります。

 

またコスパがとても良いので継続しやすい=効果を得やすいのも注目したいですね。

 

メリット

水道水から水素水が作れることが最大のメリットです。また、コストパフォーマンスが良いのもメリットになります。

 

商品によっては、3ヶ月、6ヶ月と長期的に何度も利用できるため、スティックは数ある水素水アイテムの中でもトップクラスのコスパを誇ります。

 

なお、スティックを持ち運ぶのは簡単なので携帯性にも優れています。外出先で飲みたくなったらコンビニや自販機でミネラルウォーターを購入してスティックを入れるだけで水素水が簡単に作れます。

 

デメリット

手軽かつ便利な水素水スティックですが、一方でデメリットが目立つ部分も多いです。

 

まず挙げられるのが十分な品質でない商品が多いということ。水素はペットボトル素材すら抜けるほど小さい成分なので、水素を生成するそばから大気中に抜け出してしまうことが多々あります。それだけに、水素生成量が多い商品を選ぶ必要があります。

 

次に挙げられるのが衛生面です。スティックは何度も繰り返し使えるものが主流となっているため、スティック本体の衛生面に気を配る必要があります。

 

口コミ

最後に水素水スティックの口コミをいくつか紹介して終わりたいと思います。

 

安くて続けやすい

水素水はスティックばかり使っています。やっぱり安いですし、続けやすいからです。どれだけ体によくても続けられなければ意味がないので、使い勝手の良さでスティックを選ぶのはアリだと思います!(20代男性)

 

職場にも置いています

長年の悩みだったお通じの悪さ、そして肌荒れが水素水で随分と改善されました。それからというもの、水分は水素水から摂取するようにしています。

 

何度もパウチを買うとコストが気になるので、複数本入っている水素水スティックを買って自宅用、職場用と使い分けて楽しんでいます。(30代女性)